何とも言えない愛らしさ

二匹の犬

きちんとしつけしよう

犬は太古の昔から使役犬として、または番犬として人間との深いつながりがあります。ペットとして可愛がられるようになった近年では、ペットブームと共にさまざまな犬種の流行がありました。室内用の愛玩犬では、チワワやトイプードル・ポメラニアン・ミニチュアダックスフントなどが人気があり、大型犬ではシベリアンハスキーが大流行した時代もありました。家族の一員として、大型犬でも室内で飼う人も多くなりました。ペットショップやブリーダーから購入する際、ほとんどの人は子犬を購入します。子犬から育てることで、家族の順位付けを行います。とても愛らしい子犬が来ると、どうしても優しく甘くなりがちですが、しつけは子犬の頃から厳しく行わなければなりません。

甘噛みや吠え癖をなくす

子犬からしつけることで、飼い主と犬の順位をつけることが大切なのは、甘噛みや吠え癖などをなくすためにも大変重要なことです。トイレトレーニングや食事の時にもしつけをしてルール付けをすることにより、よい行いの時はほめられ、悪いことをしたら叱られるということを学ぶことが大切なのです。家族に対して従順であることはとても大切です。犬種により性格や行動など、持っている性質が違うため、運動をさせた方がいい犬には遊びや散歩の時に思いっきり運動をさせましょう。太りやすい犬には、子犬の時から食事でのしつけや量などを調節して与える必要があります。ダックスフントなどの胴長で腰が悪くなりやすい犬には、小さい頃から注意をしましょう。